アドエアエアゾール 通販

最安値で購入できるアドエア エアゾール

個人輸入通販では業界最大級の安さ!

 

アドエアエアゾール250は1本で120回の吸引が可能

2本まとめ買いで1本=1,662円

 

さらに!200円分のポイントがもらえるので
次回のお買い物はさらに安く購入できます。

 

全品送料無料!カード払いOK!


アドエアの詳細はコチラ>>

 

アドエアエアゾールの購入にオオサカ堂をすすめる理由

 

●オオサカ堂は製薬メーカー直接仕入で偽物を取り扱うリスクを排除

 

●個人輸入代理店として21年の営業実績

 

●病院や医者が購入するほど信頼が厚い個人輸入代理店

 

●送料無料

 

●初回購入200円分のポイントがもらえる

 

アドエアエアゾールの効果

 

喘息の持病がある人の気道は健康な人に比べて常に気道に炎症が起こっていた結果、気道が狭くなって空気が通りにくくなっています。
そのため、一旦咳が出だすと止まらず激しい咳の症状が続きます。

 

そこでアドエアの成分であるキシナホ酸サルメテロールが気道の狭窄(収縮を和らげる)を防ぎ呼吸を楽にし発作を抑えます。
さらにフルチカゾン プロピオン酸エステルという成分で気道の炎症をおさえ喘息発作を起こりにくくする作用のある薬1プッシュで摂取できます。

 

これらの2つの成分により即効性のあるアドエアは喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)からくる咳が止まらない症状(発作)を1吸入〜2吸入で瞬時に止められます。

 

 

アドエアに含まれるステロイド

 

アドエアはキシナホ酸サルメテロールとフルチカゾンプロピオン酸エステルが主成分ですが、フルチカゾンプロピオン酸エステルはステロイドの一種です。

 

ステロイドと聞くと副作用をしてしまいます。
しかし、吸入ステロイドは気道への局部的な使用なのでステロイドの内服薬と比ると(約100分の1)のステロイド摂取しかしておらず全身への作用が少ないのでステロイドによる副作用のリスクは低下します。

 

薬なのでステロイド吸入に副作用のリスクは生じますが、リスクより喘息発作が即止まる方を望む方が多くリスクを知った上でアドエアを選択しています。

 

アドエア50・アドエア125・アドエア250

アドエアの横にある数字は含まれているフルチカゾンプロピオン酸エステル(ステロイド)の配合量です。

 

アドエア50にはステロイドが50μg配合
アドエア125にはステロイドが125μg配合
アドエア250にはステロイドが250μg配合という意味です。

 

よってアドエア50・アドエア125・アドエア250と数字が増えても、もう一つの成分サルメテロールの量は25μgと変わりません。

 

アドエアの使い方

 

@吸入器の吸入する部分のマウスピースキャップを取り外し、吸入器を振ります。
A吸入のためにマウスピースの部分を口に入れ、吸入するためにまずは、肺の息を抜くためにゆっくりと息を吐きます。
B顔を下に向けず若干、上を見る感じに顔を上げアドエアの吸入缶を押し深く薬を吸い込みます。
C吸入後は息を10秒止め、ゆっくり吐きます。
D吸入後、軽くすすぐと口内に薬剤がのこりません。

 

1回の吸入回数は1吸入または2吸入が基本です。

 

アドエアエアゾールを病院で処方した場合の薬価

ステロイド吸入剤が病院に卸される薬はアドエア250で120回分(1回1プッシュ)=8640円です。
保険が効くお薬なので患者は3割負担として2592円になります。
さらに診察代・処方代などがかかってきますので+2000円前後加算されます。

 

アドエアの使用頻度は症状によって異なりますが、喘息が軽度で月1本の使用だとしても月5000円前後の治療費がかかることになります。

 

アドエアを処方するための検査と病院治療

喘息の検査は、特定な検査方法はなく、通常問診から始まります。

 

 ・咳がどれくらい続いているか
 ・熱はないか
 ・痰がでていないか 
 ・アレルギー疾患はないか

 

 その他何項目かの問診によって判断されます。

 

肺の状態を確認するためレントゲン撮影は行われます。

 

さらに、問診等や症状等で医師が詳しく検査が必要と判断した場合、・血液検査や・気管支が狭くなっていないか調べる肺機能検査が追加されます。

 

 

問診や検査の結果、喘息と診断された後の治療は、気管支拡張薬や吸入ステロイドのアドエアが 処方されます。

アドエアの種類

アドエアにはエアゾールタイプとディスカスタイプの2種類があります。

 

これらは、アドエアの薬剤の状態が異なります。

 

エアゾールでは成分を微粒子に加工してスプレーにしています。
一方、ディスカスはドライパウダーの状態です。

 

これにより、気管の奥まで吸う力が弱くても届くのはスプレータイプのエアゾールです。
ただ、加工の手間分エアゾールの方の薬価が若干高くなっています。

 

 

また、吸入回数の違いもあり、エアゾールは1回に2吸引に対し、ディスカスは1吸引で済みます。
これは、配合量がディスカスの方が多いためです。

 

よって、2回吸いさえすれば、エアゾールとディスカスの間に薬効の差はありません。

 

アドエア100・250・500とは?

 

アドエア100・500と言えばアドエアディスカスタイプの略称です。

 

アドエア250はエアゾールもディスカスもあるので間違わないように注意しましょう。

アドエアを薬の個人輸入で購入した体験談

20代サラリーマン

 

アドエアは喘息の発作が出た時にかかせず毎日持ち歩いています。
しかし、なかなか病院に行く時間が取れないので困っていました。
アドエアとの付き合いは10年近くになり、不具合も感じたことがなかったので個人輸入で購入することにしましたが、全く問題なく使用できています。

 

20代主婦

 

小さな子がいるママです。
小さい子がいると自分の事でも病院には行きたくありません。
でも喘息持ちの私は病院に行くしかなく、子供を連れていくしかありません。
だから個人輸入でアドエアが購入できると知った時は迷いなく選びました。
ただ、お薬なので間違いなく本物の薬であるのが大事だと思っていたので信頼できそうなオオサカ堂さんを選びました。

 

30代女性

 

喘息の持病持ちとしては病院に行っても治るわけでもないとわかっていながらもアドエアを処方してもらうために通院するしかなく、診察代がいつももったいないと感じていました。

 

そこで、アドエアをネットで購入できないか?調べたところ、お薬が処方箋不要で個人輸入で購入できると知り、即購入。

 

通院にかかる時間や待ち時間のロスや診察費用などすべての上でお薬の通販で購入してよかったと思っています。

アドエア250のエアゾールタイプはコチラ

個人輸入通販では業界最大級の安さ!

 

アドエアエアゾール250は1本で120回の吸引が可能

2本まとめ買いで1本=1,662円

 

さらに!200円分のポイントがもらえるので
次回のお買い物はさらに安く購入できます。

 

全品送料無料!カード払いOK!


アドエアの詳細はコチラ>>

更新履歴