アドエア 通販

喘息の治療

喘息は、気管支などの呼吸器に慢性的な炎症が起こり、気管内が敏感になり、ちょっとした刺激で咳を伴う発作が起こります。
喘息の治療には発作を起こさない予防的な治療と症状が出た時に早期の抑える治療を同時に行うことが大事になります。

 

喘息の予防的な治療とは?

 

発作をもたらす原因となるホコリ・アレルギー・タバコの煙・刺激・ストレスを毎日の生活から遠ざけることが大事です。
マスクの使用は根本的な原因除去になるため有効な手段です。

 

また、ホコリやアレルゲンを部屋にためないのも大事な予防になるので小まめな掃除を心がけるという毎日の生活の見直しと同時に薬で行う治療です。

 

さらに、過労やストレスも、発作を起こす大きな誘因になります。
十分な睡眠をしっかりとり、リラックスできる環境を作りましょう。

 

喘息の発作時治療

 

呼吸を楽にすることを最優先とします。
気管支を広げる作用が強く、速効性があり、喘息の発作時にすぐに呼吸を楽にしてくれる吸入薬のアドエア等が必須となります。
この吸入薬を使っても横にならずにはいれないほどの咳が出た場合や20分ごとに発作が起こる場合は呼吸困難を引き起こす場合があるので救急搬送をしましょう。

 

 

喘息は治る?

 

喘息の薬での根本治療は現在のとこありません。
一方で、自然に良くなり、治っているという事実もあります。
よって、喘息は原因不明の体質的な疾患である場合は体質を改善すると自然と治癒する場合もあります。

 

基本的にはバランスのとれた食生活で健康を保つなどの努力は不可欠で、 日常的な努力や、症状や発作への適切な対処が、喘息改善への道です。

高齢者の喘息の危険性

喘息による死者の90%は60歳以上となっており、日本の喘息死を減らすためには高齢者の喘息死を防ぐことが重要です。
そのため、高齢者における適切な診断と治療が必要となっています。

 

尚老人の喘息の原因は合併症が多く、そのため、ぜんそくを引き起こす原因となる肺炎から喘息の症状を発症する老人が増えたこともあり、肺炎にかからないようにするための予防接種や、歯周病が肺炎の原因になるため口内環境の改善が老人ケアの一つとして重視され始めました。

 

また、高齢者の肺炎の原因としてCOPDも挙げられます。
これは若い頃吸っていたタバコが原因の場合も多く、タバコの害が体力を失い始める高齢の時期に発症する例とも言えます。