ホーム » カテゴリ » ページ

人が眠る理由

人にはさまざまなホルモンが働いているおかげで、いろいろなことが出来るのですが、眠っている間にしか分泌されないホルモンもあります。
それは、細胞の新陳代謝を促し、皮膚や筋肉、骨などを成長させたり、日中にダメージを受けた細胞や臓器を修復する働きのある、成長ホルモンです。

この成長ホルモンは、人が深い眠りに入った時に分泌されるので、このホルモンが分泌されるように、夜暗くなったら身体全体がお休みのモードになり、 眠たくなる感覚が出てきます。

そして、眠りにつくと、脳も日中に収集した情報を整理したり、次の日に備えて脳がゆっくりと休息をとります。
脳がしっかりと休まっていないと、精神的な疲労が溜まり、身体にもさまざまな支障が出てきてしまいます。