ホーム » カテゴリ » ページ

眠りは量より質が大事

普段忙しくて、睡眠を十分に取れていないからといって、お休みの日にたくさん寝溜めをして、それでも疲れが抜けにくかったり、 逆に身体のどこかが痛くなったりといった経験はありませんか?

実は、たくさん寝たからといって身体がしっかりと休まっているとは限りません。
その睡眠の質によるのです。
睡眠時間を長く取ったからといって、質の良い睡眠が取れているということにはなりません。

長時間寝たのに疲れが取れていない、起きるのがツライという場合は、睡眠の質に問題がある可能性が高いです。
深い眠りであるノンレム睡眠と、浅い眠りであるレム睡眠を睡眠の中でバランスの良いリズムで繰り返すことで質の良い睡眠を取ることができるので、 寝る前のリラックスタイムを作るなどして、睡眠を取ることが大切です。