ホーム » カテゴリ » ページ

昼寝をすると夜もよく眠れる理由

昼食後にお昼寝の時間を取る学校が増えているというニュースを耳にすることがありますが、お昼寝は身体の疲れや脳を一時的に休憩させるために必要な時間なのです。
お昼寝をすることによって、学習能力や集中力が向上するということが分かってきています。

しかし、ベッドに入って眠るということではなく、短い時間で浅い睡眠を取るという、睡眠の取り方にポイントがあります。
学校でイスに座って机にうつぶせになる方法も良いのですが、イスに腰掛けたままや床にごろ寝をした状態で睡眠を取る方法が良いお昼寝です。
時間は10?15分程度が理想的です。

それ以上寝たり、ベッドで寝るお昼寝は、夜の不眠に繋がってしまうので、有効なお昼寝というのは、あくまでも熟睡しないで浅い眠りで休憩をとるイメージです。