ホーム » カテゴリ » ページ

ストレスと不眠の関係

ストレスを上手く解消できずに、溜め込んで生活している人は多くいます。
上手くストレスを発散できずにいると、脳の緊張や興奮状態が続き、夜眠れないといった不眠症を起こしてしまう原因となってしまいます。

また、眠れないことで免疫力が低下し、病気にもかかりやすくなってしまいます。
ストレスを抱えたまま眠りにつこうとしても、なかなか眠れないですし、眠れたとしても、レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルのバランスが崩れてしまって、 熟睡できずに身体が休まらないために、疲れが取れなくなってしまいます。

ストレス自体を解消しても、一度不眠症になってしまうと、なかなか眠れずに悩んでしまう人も多くいます。
そんな時は、睡眠の前に十分なリラックスタイムを作って脳の興奮を抑え、眠りに入りやすい環境を作ることが大切です。